白い巨塔


配役
      チャン(外科助教授)=キム・ミョンミン
       チェ(内科助教授)=イ・ソンギュン
    イ・ジュワン(外科科長)=イ・ジョンギル
ウ・ヨンギル(内科長 副院長)=キム・チャンワン
      ノ・ミングク(外科医)=チャ・インピョ
    イ・ユンジン(ジュワン娘)=ソン・ソンミ



1話
国立ミョンイン大学医学部付属病院の手術室、
外科助教授のチャン医師が心停止したかなり難しい危険な手術を成功させる。
チャン医師はこの大学病院でもナンバーワンの技術を持つ看板外科医。

イ・ジュワンと言う経験豊富なベテランの外科教授が
外科を取り仕切っているが、定年を控えて何かと問題が多いんだね。
つまり、若いチャン助教授が先の見えたイ教授を何かと無視する、
これが名誉と格式を重んじるイ教授には我慢出来ない。
この二人の確執と軋轢が物語の大きなテーマになっているよーだね。

チャン助教授は徹底した権力主義者で第一外科の教授の地位と科長の座を狙っている、
内科のチェ助教授は慎重派、沈着冷静で性格も
全て控えめ、チャン助教授とは対照的な同期生。

こんな時、大企業の会長の妻の手術の依頼が、・・・
張り切るイ教授だが、会長はチャン助教授に手術を頼みたいといい教授をシカと。
苦り切るイ教授。

一方、内科の科長は副院長のウ教授、この男もなかなかの策士、
力も政治力もあり一筋縄ではいかない、・・・で、
やはりチェ助教授ともめている。

教授の妻達で構成する婦人会でも、退官を控えたイ教授の妻は副会長役を降ろされる。
ワインバーで話し合うイ教授と副院長、
どうやらチャン助教授を教授に指名したくないイ教授が
副院長を抱き込む相談らしい。
どうも地方に出す医師にチャン助教授を入れよーと画策している。


2話
ウ副院長の誤診でチェ助教授がチャンに手術を依頼する、
しかし、この手術はウ副院長にもイ教授にも内緒で行われる。
そうしないとウ副院長の誤診がバレてしまうからね、
副院長はカバーしてもらったのに、これを根に持ちチャン助教授を
地方に飛ばそうとする。

イ教授も裏では外科医師会会長に手を回し、自分の後任教授を
他の大学病院から招き入れようとしている、
チャンには「お前を支持する」とか言いながらね。
こんな最中、イ教授の娘が胆嚢腫瘍でチェ助教授に発見される。
すぐ手術するチャン助教授、

婦人会ではチャン助教授の妻がかなり高価な絵画を ウ副院長の妻に
プレゼントするために買い込む、
が・・・しかしこれが落とし穴に、科長の選挙も近くこれはワイロに
当たると、脅しをかける、
そして強引に地方行きを承諾させようとする。
ほくそ笑むイ教授、食えないウ副院長。


3話
困ったチャン助教授は妻の父親に打ち明け助けを求める、
義父はすぐさま大学の医師会会長に連絡を取り動き出す。

講演会に出たウ副院長をうまく抱き込んだ大学医師会会長、
ウ副院長も病院長の話が捨てきれず、荷担する羽目に。
二股膏薬どころか三股、四股ってか。

今度は困るのはイ教授、外部からの教授の招聘が難しくなる、
あわてて胸部外科部長などと密談を開始する。
医師会会長にも頼み混む。
さらに清廉潔白の解剖学科長のオ教授も味方に引き入れることに、

オ教授は誠実なチェ助教授はお気に入りだけど、
チャラチャラしたチャン助教授は好きじゃない。
大学病院の教授なんてどれもろくなのがいないんだね。


4話
イ教授とチャン助教授との対立がますます激しくなる。
大学内でも副院長派とイ教授派に別れ不穏な状況が・・

オ教授に取り入ろうとするチャン助教授は簡単に振られてしまう。
両陣営は教授の票集めに必死で暗躍する。

そんな中肝臓と腎臓の移植手術が必要な患者が出る。
さらにチェ助教授が管理する子供はガンの末期で危ない状態、
他の問題も多いんだね。

イ教授は対抗医師としてノ・ミングクと言う医師を紹介され
娘と妻と食事をし、娘の結婚相手として紹介してる。

チャン陣営の医局員達は直にノ・ミングク医師を訪ね
出馬しないように要請する。これはちょっとやりすぎだなぁーー

イ教授が手術中倒れてしまい、ノ教授に代わってもらうことに、
でもこれはかなり計画的だね。



5話
イ教授はついに対抗馬を担ぎ出す、
ジョンズ・ホプキンス病院心臓外科の高名なノ・ミングクという教授、
腕は一流でチャンも認めている、

韓国では初めての3箇所( 膵臓、肝臓、腎臓 )同時移植手術という
企画を立ち上げる、執刀責任医にはチャンが決定しているが
もう一人の医師にノ・ミングクが紹介される。
予想もしていなかった人選に驚くチャン陣営、
火花を散らす二人の医師・・・
さぁ〜て、どうする、どうする、

大勢のマスコミ報道陣が見守る中、終盤に優位に立つノ・ミングク陣、
しかし、最後を飾るチャンってか。

無事手術は終了し、さらなる対決に・・・


6話
票獲得の会合はますます頻繁に、中立派のオ教授の票とりが熾烈に
オ教授が委員長を務める選考委員会では科長候補の人選で
ようやく3名が決定する。
副院長派=チャン助教授
イ教授派=教授
パク教授派=ムン教授
結局この3人で外科科長の椅子を争うことになる。




7話
選挙当日、投票の始まる少し前、投票を辞退するイ教授。・・えっっ?
二人とも自分の教え子だからと・・・
唖然とする教授陣、しかしこれはイ教授の計算ずくの行動だった、
つまり同情票を集める為なんだね。
席を退場しながらニヤリと笑うイ教授、焦る副院長。

結果はチャン11票、 ノ12 票、 ムン7票、
過半数に達せず再投票となるが、学会に出ていた教授も戻るので1時間後の再投票と決定する。

しかし、このまま行くと分の悪いチャン陣はなんとか教授を交通事故で遅らせることに、いろいろやるねーー。
で結果は1週間後の決選投票に持ち越される。
少しほっとする副院長。

チェ助教授は自分が診ている子供の患者が助けられず、悩み抜き
チャンと話し合い、自分の心を吐露するが、チャンにお前は奇跡を信じたいだけなんだと、・・・
チェは別れ際チャンに「どこにいてもお前がいるだけで十分だ」と・・・

チャンはノ・ミングクの部屋を訪れ土下座をして出馬を辞退するよう
頼むが拒否される、さらにそこを医師学会会長に見られてしまう。



8話
医師学会会長はイ教授に圧力を、さらにムン教授に投票したパク教授に近づくノ教授陣、

チャン陣はワイロを豊富に用意し、パク教授の配下にばらまく。
これでも心配なチャン陣営はオ病理教授にまで金を渡そうとするがこれはこっぴどく断られる。

パク教授は二股で忙しい。
一方チェ助教授の担当するガン患者の子供がついに命を落とす。

選挙が終了し副院長に呼び出されるチャン助教授、
16対14で念願の教授に選出されたと知らされるチャン助教授.

祝いに駆けつけたチェ助教授は、相変わらず難しげな患者のフィルムを持参する。
内科っつうのは外科がないとやっていけない科なんかねー。

初の総回診に意気揚々と出かけるチャン教授。



9話

チェ助教授の内科にきた患者は膵臓がんと診断される。
しかし、胸の陰はチャンによれば結核の後だという。
心配なチェ助教授は検査をしてほしいというが・・・

協力した副院長は早速薬や医療器具の納品に口をはさんでくる。
同じく同窓会会長も薬品会社の納入を依頼してくる。

講演を依頼されたチャン教授は敵だった外科学会会長の横槍により、時間を短縮されクレームを付けるが、
うまくかわされてしまう。
チャンはマクレーン学会長に問い合わせるというが、奥さんが病気で学会に出席してないと、

チャンはすぐにマクレーン学会長にメールを送り奥さんは助けられると連絡する。
でもかなり大がかりな手術になりそうな気配。

そんな中、結核の後のある患者の手術が行われる。
手術は成功するが、術後のおさまりがどうも良くない。

急にイ教授を尋ね手術の方法を聞くチャン、
その相手はマクレーン学会長の奥さんのことでイ教授も知らん顔は出来ないはずなんだね。

ますます苦しがるクオン患者、担当する若手の研修医ヨムは必死で先輩に指示を聞いて廻るが、
いい治療方法が分からずただおろおろするだけ。



10話
チャン教授たちは学会の講演会場に出かけていて、
マクレーン会長一行に会うが、またオ外科学会長に反対される、
どうも奥さんが気乗りしないようす、
それだったらとチャンは当たって砕けろで会長に直談判。
世界学会長を夢見るオ外科学会長をたきつける。

少し落ち着いていたクオン患者が痙攣を起こし始める。
集中治療室に移動するクオン患者、
やはり胸部の陰はがんの転移が原因らしい。
・・が医局員たちは誰一人チャンに言えないんだね。

熱心なチャンの説得で手術のOKを出すマクレーン会長、
進行性胆のうがんの手術が始まる、転移は4ヶ所、心臓を停止させて行うんだね。

チェ助教授はいたたまれずチャンの手術をしている病院に向かう、
でもチャンだって手術中、ただ子供みたいに呼びに行くだけかよーー。

マクレーン会長の奥さんの手術は成功するが、クオン患者は死亡する。



11話
担当していた研修医ヨム・ドンイルは痛みきってしまう。
クオン家では死因に疑問を持ち、解剖を申請することに、
しかも解剖は同じ病院のオ解剖教授が手がける。

その結果チャンの行った手術は100%成功しているそう、
しかし、胸部の陰はやはりがんの転移によるものであると言うことが分かる
つまり結核の後ではなかったんだね。

イ教授の病院長就職は、娘が小うるさい市民運動に参加しているということで
見送られてしまう。怒る母親。

告訴の手続きに入るクオン家、でも金がないため、少し頼りなさげな冴えない弁護士を雇う。

チャン側は病院顧問弁護士をはじめ、医学訴訟に強い専門弁護士を揃え応戦の準備に入る。



12話

裁判所で初顔合わせをする関係者たち。
クオン側は弁護士とクオンの妻、クオンの弟だけ、
一方チャン側は義父を始め弁護士3人と会長連がいっぱい。
しかもチャン側の証言を拒否し、クオンたちは前途多難。
ただ一人の味方は内科のチェ助教授のみ・・・

危ないと感じた副院長はチェ助教授にアメリカ研修の話を・・・
その夜、チェ助教授宅を訪れ、協力を要請するクオンたち、しかし、断られる。

法廷での第一回口頭弁論が開かれる。
ほとんど勝算の薄いクオン側、

チャンと話し合うチェ。
クオン妻に謝るというチャンに希望を持つが・・・
権力を笠に着た高圧的な型だけのお詫びに許せないチェ。

チェはアメリカ研修を中止してクオン妻を助けることに・・・
こんなおり、クオン妻は告訴を取り下げると・・・



13話
チャン側弁護士が示談書類を持ち訪れるがそこに現れるチェ助教授、
裁判を続けると意志を翻すクオン妻、「なに考えてんだチェ助教授は・・」
と呟く弁護士達。

なぜか参加しているイ教授の娘、
副院長はイ教授を呼び出しこのことを追求する。
チェの妻に面会したチャンは奥さんを説得する。
どちらも忙しいね。

さらにイ教授はオ外科学会長の世話で院長に推薦されるが、チャンの横槍で取り消されてしまう。

第2回口頭弁論会、
証言するオ理学解剖教授、
イ教授も傍聴にきていて、チャンに会い、何時までもやれれてばかりいられないぞ、と。


14話
イ教授から細かいシフトを聞くクオン側弁護士、
ウ副院長から証言はするなと最後通知を受けるチェ助教授。
証言すればこの病院にはいられないぞ、と。

チャンは研修医ヨムに「お前にも半分の責任はあると」脅される。
第三回口頭弁論、法廷に向かう両陣営。

始めの証人は研修医ヨム、危ないながらも何とかチャン有利にこなす。
続いてチェ助教授、研修医ヨムと食い違う証言で、二人を同時に証言台に
それでも食い違うため裁判官は別の鑑定人を指名することに。

第四回口頭弁論、
原告同士の口頭弁論が主、オ外科学会長



15話
チャン教授が証人席に、研修医ヨムとのやり取りを証言する、
旗色の悪いクオン陣営。

一段落して、オ外科学会長と密談するチャン、外資系のケネス病院の外科長としてスカウトの話らしい、

そして・・一審判決日。
判決はチャンは無罪、ただし医師として基本である姿勢を書いていた被告に厳重な反省が必要である、と。
訴訟費用は原告が負担すること、・・と。

祝杯を挙げるチャン派、
辞表を書くチェ助教授、それを盗みみた研修医ヨム、
身の回りの整理をして、助手に資料を置くチェ助教授。

チャンになにかあると感づくウ副院長、そしてケネス病院に動くらしいことを掴む。

クオン家は控訴する。

事件の一部始終を知るユ看護師が妊娠のため退職し、
病院に診察にきていて、運良くイ教授の娘に会う。



16話
ウ副院長はチャンを懲らしめるためと、イ教授とあい、ケネス病院の
マクレーン会長に連絡をしてもらう。

チャンも一応ケネス病院へ断りの返事を書く、

ユ看護師がクオン派の証人として立つことに同意する、焦るチャン派。

こんな中チェ助教授の家を訪れるオ理学解剖教授はかなりしっかりした確実な病院を紹介してくれる。喜ぶチェ医師。
退職した理由が理由だけにどこにも面接してもらえなかったんだよね。

しかし、病院でチャン教授を見ていてまた考えを変えるユ看護師、
証言は出来ないと言ってくる。

疲れ切っているチャン、

新しく病院に勤務しているチェ医師の元に会いにくるユ看護師、
証言を決めかねているようすだ。

そして、第2審第一回口頭弁論開始、

医局長が型どおりの答弁を終えた時、ユ看護師が入廷してくる。



17話
証言を始めるユ看護師、かなりしっかりした女性で発言もテキパキ、
ついにはチャン側弁護士の不正まで暴き立てる。
つまり、口留め料まで入っていたんだよね。

チャン側は証拠集めに必死になる、

研修医ヨムはついに耐えきれず病院を抜け出る。
全て自分の荷物を整理して、博士号の為の論文も燃やし、大学病院の名札と
身分証明まで・・・・

記録を改ざんするチャン派、
口頭弁論
チャンが証言席に。
自分の正当性を理路整然と隙もなく述べるチャン被告。

そこに入ってくる研修医ヨム、
チャン被告の言葉に傍聴席から大声で反発する。
そして術後の指示は全く無かったと証言する、あれだけ見てくれと
頼んだのに、一度も見てくれなかった・・と。



18話
チャン側は研修医ヨムが原告に脅かされて証言したことにし、
公正証書を作ることに。

チェ医師の家に預かられた研修医ヨムを訪ねてチャンが、一緒に帰ろうというチャンにヨムは自分の道を行くと。

ヨムは辞表を出していないので休暇扱いにしておけと言うチャン。

証拠集めにインターンのレポートが浮上、消去しようとするがクオン側に抑えられてしまう。

第2審判決日
一審判決は覆されチャンは有罪に。
上告するというチャン・・・

チャンは裁判の疲ればかりでなく、なんか体が具合悪そー。
手術が終わったと同時に倒れ込むチャン外科科長。
すぐに血液検査の結果、肝臓と胆嚢に異変が、そして胆管がんと判明する。

自宅で一日起きられないチャン、しかしようやく起き外出、
出かけた先はなんと親友のチェ医師の病院だった。



19話
チェ医師に検査を受けるチャン、ガンを発見するが胆石だと嘘をつくチェ、
教授会でも心配し、会議を重ねるが、・・・

手術に際し、助教授は自分の上司なので不安がる、かといって秘密なので
外部からは執刀医を呼べないんだね。

副院長がイ元教授を訪ね内緒で手術をと頼むが、それは出来ないと、
つまり、医師と患者は信頼関係がが必要だと。
チェはチャンを病院に訪ね、イ教授に依頼すべきだと進言する、チャンは納得し、チェに一任する。

イ教授は病院にきてチャンと会い、お互い理解し合う。
手術前、全回診を行うチャン外科長。

そして、手術に入るチャン、イ教授も位置に着き開腹。
ガンはすぐに検査室へ、オ理学解剖教授は・・・・
「悪性の線ガンです、これがもう腹膜に広がっているようでしたら手術をしても意味がありません」と・・・



20話 おわり
イ教授は電話を聞き、「閉じましょう」と。
他人の臓器をチャンに見せるスタッフ、

研修医ヨムはチェからチャンの病気を聞き見舞いに、

手術見学室から見学をするチャン、思い出しながら・・・・・

肝性脳症(菌が脳に達する)が始まる。
チャンは進行性のがんで非常に特異な性質を持っており、故に大学病院で研究してほしいと献体を遺言していた。
黙祷するオ理学解剖教授。

――――――――――――――――――――――――――

「暇なおじさん」
唐沢版「白い巨塔」よりもこちらのほうが柔らかい感じ、
同時に鑑賞してみたが、韓国版のほうが見やすかった。


もどる

inserted by FC2 system