ニューハート


配役
  イ・ウンソン(新米外科医)=チソン
  ナム・ヘソク(新米外科医)=キム・ミンジョン
 チェ・ガングク(胸部外科長)=チョ・ジェヒョン
   イ・ドングォン(人気俳優)=イ・ジフン
   ミン・ヨンギュ(外科教授)=チョン・ホグン
 キム・テジュン(外科助教授)=チャン・ヒョンソン



1
クァンヒ大学病院では新しく病院長が選出される。
新病院長の経営方針で内部が大幅に改革されつつある。

心臓手術の設備がない地方病院に左遷されたガングク医師は動物を使って訓練に怠りない。
ヘソクはこの病院でインターン中だ。

ヘソクはクァンヒ大学病院長に就任した父と会食、外科に行きたいと言うが、
父親は大変だから内科にしろ、と。

釣りをしていたガングクはケンカして怪我をし、近くの病院でウンソン医師の治療を受ける、

この時、急患が搬入される、
病名の分からないウンソンたちを尻目に、
さっさと応急手当を施すガングクは病院に送れと指示をし、立ち去る。

ウンソンは驚き、患者を置いて逃げるのか、とガングクに文句を言う。
あーだこーだと言い争うが、結局二人はガングクの病院に行く。
しかし、手術の出来る設備がないので、ソウルに送られる、

ガングクは大学病院で教授のミスを暴露し、教授の怒りにふれ地方に左遷されてんだね。

しかし、やはり手術出来る医師がいなくて、結局ガングクが内緒で手術を成功させる。

ウンソン ヘソクはクァンヒ大学病院の胸部外科を受験する。

ウンソンはある日交通事故の現場に会い心臓マッサージをするが、危篤状態、
ガングクが行った応急処置を思い出し、溜まった血液を出すためボールペンを腹に突き立てる。
命は助かるが、肝臓を傷つけてしまう。

病院では一応認めるが、ウンソンがインターンだと知り監督者もいないのに、
患者が死んだらどう責任を取るつもりだと怒鳴りつける。
ここの医師はなんでこんなに高圧的なんだろ。

ガングクは元の病院に戻る、今度は胸部外科長として。



2
ガングクの移った病院に面接にくるウンソン ヘソク。
当然、面接官はガングクね、しかぁーし、二人とも落とされてしまう。

胸部外科って一時は大病院の花形の部署だったよーだが、
最近は莫大な設備投下が必要な割にはあまり応募者も多くなく、優秀な医師の応募も少ないんだね。

実はウンソンは地方の三流医大の出で、インターン成績もあまり良くなかった。

一方ヘソクは病院長の娘で、国立医学部を主席で卒業、
インターン成績もNO1だったそうなんだね。で、どこの科に行くか注目されていた。

落ちた二人はインターンを軽視しているとデモを。

胸部外科でも若いインターンが確保できず、先生達の不満が爆発寸前、
こんなおりガングクは手術のアシスタントが足りず、仕方なくウンソン ヘソクを使うことに、
しかし、まだ受け入れたわけではない、

手術も無事に終わり、ウンソンにお前は左利きか?と尋ねるガングク、ウンソンはそうじゃないけど使えるよう努力していると答える。
優秀な外科医になるには左手も上手に使えればより有利だと思っていると言う。

相変わらず病院の前でストをするインターンたち、
そこに逃げた研修生を迎えにきたガングクたちと会うウンソンとヘソク。



3 4 5
ガングクはストをするウンソン ヘソクにようやく言葉を掛ける、
ウンソン ヘソクは胸部外科に受け入れられる、

しかし、ガングクはかなり厳しい条件を言う、
胸部外科医は時間の拘束が長い、
1週間に1日帰れるかどうかだ、
病気をしてはいけない、
自分の手に命が掛かっていることへの重圧感、
開業は無理だ、設備に金が掛かりすぎる、
転職も無理だ、それでもいいか・・・と。
それでもいいです、ヘソクは言う。

ヤクザが入院しウンソンとヘソクに暴力を振るうが、これを助けるガングク。

患者が血を吐くが、担当キム医師は内視鏡検査を指示、
ウンソンはそれを無視し、CTスキャンを行おうとする、
見習いのくせにナマイキな、俺の意見が聞けないのか、怒る担当医キム・テジュン助教授。

ヘソクは今度担当医キムを怒らせたらあなたは終わりよ、と
それでもCTスキャンを行うウンソン。
やはり誤診していたキム医師、
この状況でウンソンを首にしたら誤診がばれるぜと脅すガンガク、

ドングォンという人気俳優が入院してくる、
どうもヘソクの知り合いらしい、



6
ミン教授が難しい手術にぶつかる、どうも心臓を止めずに手術をしなければならないらしい、
(OPCAB手術)した経験がなく、もたつくミン教授。
上手くできるのかなぁー と訪れるガングク。

ウンソンの初めての担当で無事退院する患者と腕立てを競うウンソンにお礼を言う患者、
生きてくれてありがとうと言うウンソン、

ドングォンチームと親善試合をするウンソン、夜、ウンソン ヘソクの歓迎会が開かれる、
丁度店には女優スジンとヘソクの母もいて同席、突然、女優スジンが倒れて病院に運ばれる。

先に帰ったヘソクは音楽を聴きながら一人踊る、そこにウンソンから電話がきて歌うウンソンってか。

スジンは手術をすると傷はどのくらい?と聞き傷の大きさに驚いたスジンは病院から逃げ出す・・・



7
実はCM撮りのために病院を抜け出したんだね、
しかし、撮影の最中スジンは倒れて再び入院する。

カンウイ医大の同窓会の写真撮影と気づかず混ざるウンソンは、キム助教授から追い出される、
寂しそうに列から離れるウンソン、ま、仕方ないね。
でも、キム助教授って、異常だなぁ、

スジンの車いすを押しながら、ウンソンは何で手術を受けないのか理解出来ない、と言う、
スジンは自分と生活を共にしている人達の為にも期待を裏切れない、だから手術は駄目だと。

手術で体に傷の付き、仕事が出来なくなることを恐れて、拒否をするスジンに、
ダビンチ手術でやれば傷口が小さくて済むと言う。
キム助教授の論文で読んだので、と会議で言うウンソン。

何で早く相談しないと聞くガングクにミン教授の担当だからと、答えるキム助教授。
キム助教授に出来るのならその方法でやれと言うガングク。
裏で結構力のあるミン教授を恐がり、キム助教授の手術助手のなり手ががいないんだね、
ウンソンは一生懸命サポートする。

キムは最小限の傷に抑えたのでスジンさんのSラインは大丈夫だと発表する、

病院で急変するおばあさんを診るウンソン、しかし、心臓が停止、マッサージを続けるが・・
もう、諦めようと言うヘソクに諦めきれないウンソン。
ガングク教授がきて、死亡宣告をしろと・・・

テソングループの会長の手術が予約されるが急患のほうを優先するガングク、
その患者はこの俺よりもVIPなのかと激怒する会長。
ちょっと話が出来すぎ。


8
お前ら全員クビにしてやると、怒りまくるVIP会長を無視して、手術室を出るガングク。
しかしさ、一旦手術室に入ったのに急患だからといって 出ていっちゃうって、そんなのありかよ。

外国で手術を受けると言い出す会長、いま、この病院から出たら危険ですと止めるウンソン、
殴りかかる会長をなだめ、ヘソクはウンソン連れて病室を出る。

内科科長がワイヤーで除去出来るといい、
手術を行うが、ミスで血管破裂し出血が止まらなくなる。
それを手術中のガングクに言うウンソン、すぐに駆けつけるガングク。

心停止する会長、蘇生術を行うガングク、その間に出血箇所を探し出し縫合するウンソン、
何とか会長を助けるガングク教授、
しかし、内科科長は患者を取られたと言って怒ってるぜ。
自分のミスなのによーー

結局、会議では緊急状態の対応の仕方に問題ありで
内科科長とガングク、ウンソンは減俸処分となる、麻酔医もね。
なんか考えられねえ次元の低い病院だね。

ヘソクの気に入らない患者は地方病院に転送され、移動の救急車に同乗して付き添うヘソク、
財布を忘れてしまうヘソクに、ターミナルまで届けるウンソンってか。



9
手術中のキム医師のオペ見学からガングクのオペ見学に移動する研修生達、
それを見て腹を立てるキム医師。小学生並だね。

休み中なのに来てくれたことを知りウンソンに、礼をいうヘソク、
ヘソクに電話をし、歌を歌うウンソンそれを録音するヘソクってか。

手術後、下半身麻痺になる患者、ガングクを責める患者の保護者、
「だからやるなと言ったのに」と言う院長。
大学病院長の言葉とも思えないね、

脇で見るミン教授とキム助教授もそれ見たことかと・・・

さらに、殆ど助からない患者も手術するのか、
そんな患者の手術は病院としてはカバー出来ないと言う病院長。
大学病院ってこういうとこなんだ。
大学病院の汚い裏側が充分描写されているね。



10
この手術は絶対に許可できないと言う病院長に、
私が執刀すると言うガングク。

とても難しい手術で、心臓を一旦取り出し手術してからまた心臓移植の形で元に戻すという方法で・・・・
見事に成功させるガングク教授。

刺された患者が入院する、心臓が変形していて珍しいので、心臓をのぞき込んだ時、
突然の出血で血を浴びるヘソク、
ウンソンは血液検査の結果を知らせに手術室に、

血を浴びたヘソクに驚くウンソン。実はこの患者エイズだったんだね。

ショックを受けるヘソク。



11
ヘソクにキスをするウンソン、そこにドングォンが・・
黙って去るが、誤解をしないようにと追うウンソン。

ドングォンを怒らせてしまったかもと謝るウンソンに、ヘソクは何で謝るの?
あなたのキスは本当にありがたかった、慰められたし、元気ずけられた、と言う。

エレベーターで院長(父)と会うが優しい言葉もない父。

ガングクはウチで休んで食事でもと誘ってくれるが、嫌なら自宅で静養しろと言ってくれる。
ヘソクはウンソンとバイクでホテルへ・・・

ウンソンは部屋を見学しながら食事に付き合い、ヘソクが寝込んだのを待って立ち去る。

ヘソクが起きるとそばにドングォンが、
どうしてここにいるの、と聞くヘソクにウンソンから電話で知らせてもらったと言う。

内科科長はガングクの馴染みの酒場のママの手術をすることに、
しかも、ミン教授がライブ手術を行うと・・・

突然警察からのtelで驚くガングク、一体何が・・・・



12
掃除のおじいさんの息子から控訴されるガングク、助けてもらって良く控訴出来るね。

病院では弁護士を出さないという院長、
つまり院長は手術はOKしなかったんだね。
金取れそうもないからだよ。

再度のエイズ検査で感染していないという結果が出る、
喜ぶウンソン、それを聞き大声で泣くヘソクってか。

そしてヘソクはウンソンに告白する・・がオレにその気はないと断ってしまう。
本気かね、何か無理してるよーだけどなぁーー

VIP患者につきとばされ倒れるヘソク、助けたウンソンは殴られて鼻血を出す、
屋上で痛がるウンソンを私のために無理をしないでと言うヘソク、
誤魔化すウンソン。
韓国の患者は医者でも平気で暴力を振るうんだね、驚いた。

ライブ手術でやはりミン教授が失敗してしまう、続けられないほど動揺するミン教授、
技術も腕もないのにやるからだぜ、
器具を奪い取り心臓にショックを与えるウンソン、

またもや自分がと手術室にはいるガングク。
どうしても助けたいと、だったらはなっから自分でやれよー

実はこの日、ガングクは実家の古稀に出席の予定だったんだよね、



13
ガングクが手術室に入るが、時間が経ちすぎていて
もう無理だと言う他の医師と看護師たち。

亡くなるガングク行きつけの酒場の女将、
どんなことをしても助けたかったと女将の息子に謝るガングク。

ガングクのカミさんはガングクが古稀に欠席し、長男の嫁として恥をかき、
家庭を省みない夫と別居をしたいと・・・

院長はガングクとミン教授を呼び、ミン教授に辞表を出せと言う。
ライブ手術は院長のOKを取ってやったんだよな、

ウンソンと屋上で、お前はおれのようになるなというガングク、

キム・テジュンは酒場で病院幹部に義父の大臣を紹介する、
大臣はセンター設立に融資する用意があると臭わせる。

ガングクは後輩医師ハテジュと会う、
ガングク教授はこの大学病院に、新しい外部の先生が必要だと、
アメリカ留学の後輩医師ハテジュを誘うガングク教授ってか。

キム・テジュンと医学誌に載るヘソク、それを見て僕も参加させてと言うが、お前はよそ者だから・・
と断られるウンソン、地方大出だからね。

酔った医師たちと帰ってきたウンソンの背中に、口紅の後を見つけたヘソクは、あなたの背中は誰でもいいの、
と切ない抗議。
実は酔ったインターンをおぶってきたんだよね。



14
国立大出の優秀な医師がひしめいているこの病院で、・・と書いたが、ろくでもない医師ばっかり・・・

俺みたいな地方の三流医大の卒業生がヘソクと付き合えば、いろいろと問題も多い、
だから付き合うのは嫌だと・・ウンソン。

こんな時、キム・テジュン助教授の義父 (長官) がセンター開設の援助の話を持ってくる、
院長は大喜び、キム・テジュンを要職につけると約束する。

ガングクは警察に事情聴取を受けたり、奥さんが娘を連れてアメリカに行ったりして自暴自棄に。

ウンソンもガングク教授を勇気ずけ慰めるが、
キム・テジュン助教授に実習生の前で罵倒され、切れて病院を飛び出してしまう。

孤児院に帰ったウンソンは一生懸命我慢したのにと泣く。
心配するヘソク・・・



15
熾烈になる権力争いキム・テジュン、
副教授のイスを争って公開手術を計画するキム・テジュン
ウンソンは必死でバイト先を探す、

急にゴルフのプレイ中倒れる外人VIP,
たまたまウンソンがバイトで居合わせクァンヒ大学病院に搬送する。

病院入り口で躊躇するウンソン、逃げ出したんだもんね、
ヘソクはウンソンが来たと知り、必死で探す。ヘソクを陰から見つめるウンソン・・・

VIPの秘書官たちは施設だけ貸して欲しいと言うが、院長は断る。
国立病院が外国のVIPを簡単に断るかーー?

キム・テジュン助教授は私に任せて欲しいと言うが、・・・
秘書官たちは納得しない、ガングクならとOKと言う。
キム・テジュンは面目丸つぶれ、まっ、この程度なんだよね。

院長はしぶしぶ了承し、休んでいるガングクの家を訪ねる。
ガングクは患者はもう見たくないと言う。
メスも握りたくないと、ほんと勝手な男だね、ガキみたい。



16
院長は裁判の件は病院が責任を持って処理するので何とか手術をしてくれと言う、・・が断るガングク。

仕方なく、韓国にまだハン教授がいるのを知り、手術を依頼するが、これもあっさり断られる。
しかも、この手術はガングクしか出来ませんよとも言う。

手術をした掃除のおじさんのところで偶然会うウンソンとガングク
お互いに逃げ出した二人、虐め合うってかい。

ヘソクはウンソンを呼び戻しに、
みんなが待っている、一緒に帰ろうと後ろから抱きつくヘソク。
病院に帰り、教授たちの前で跪き許しを乞うウンソン。

一旦帰国したVIPが途中で様態が急変、クァンヒ大に戻される。
ミン教授とキム・テジュン助教授で手術をすることに、しかし、もたつく二人の医師、

こんな時、ガングクが入ってきて、無事手術を成功させる。
じゃ、早くやれよーー

人気俳優のドンゴォンがまた入院してくる、
そしてヘソクをあきらめたことをウンソンに話す。

それを知ったウンソンはヘソクのベッドのそばで寝ているのを確かめて・・・
「僕はお前が嫌いだったんじゃない、ドンゴォン見たいに金持ちでもない、ルーツも解らない施設育ちだ、
その上お前はお姫様だし・・・だからお前に相応しくないと思ったから・・」と。

英国VIPは無事助かり退院、玄関で礼を言うVIP。
「ニューハートをもらったからもっと頑張らなくちゃ」ね、と。

ウンソン ヘソクの恋愛はようやく進行し始める。
もうどうでもいいけどね。



17
ある外科手術にハン教授を呼ぶガングク、反対する院長、

アシスタントで入るウンソン ヘソク、
血もほとんど出さずに大動脈手術を成功させるハン・テジン医師、
左手を上手く使うウンソンに左利きかと尋ねるハン医師、
努力していると答えるウンソン、そのまま頑張れと言うハン・テジン、

ハン医師の手術を見て自信を無くすキム・テジュン。
自分は「井の中の蛙」だったと・・・
技術も腕も経験もないくせにキムとミンはエラそーにしてんだよ。

ガングクの誘いにクリーブランドでまだやりたいことがあると誘いを断るハン医師。

正月休暇を過ごす医師、看護師たち、
ガングクの妻からtelがあり、あなたも米国にきて・・と。

ウンソンとヘソク、ウンソンの部屋で、
こんなに素晴らしい正月は初めてだといい、見つめ合う二人。



18
心肺同時移植手術を行うと発表するクァンヒ大病院、

キム・テジュンを副教授に任命するガングク、

急患が運び込まれる、スギョンといい、
ウンソンと一緒の施設にいた初恋の人なんだね、
肝臓ガンで、妊娠中、結構危険な状態らしい。

ミン教授と内科科長が薬品会社の臨床の為の契約を病院長の元に来て契約をする。

また仕事のことでぶつかるガングクと院長、
なんでこちらはしょっちゅうもめてんだろーね。
病院を替われという院長、辞表を出すと言うガングク、

ウンソンは見舞いにきた施設の院長とスギョンに自分の恋人だとヘソクを紹介する。

屋上で、ウンソン ヘソク・・・
「嫌いな振りしてごめん」「知らんふりしてごめん」と言い合う2人。



19
8歳の子供の患者が心停止に、
担当医師は振られて自殺未遂を起こしていて看護師が蘇生術を、・・・

心臓移植の患者の医療行為をヘソクが電話で指示し
看護師が行ったということで処分されるガングク一派、
看護師はまた同じことが起こっても同じようにやると・・・

この患者はドナーがいなくて弱っていくばかり、脳死の子供のおじいさんを説得するんだけど、
分かっていても、すぐにはいそーですかとは返事できないよね。
しかし、孫の心臓を提供してくれることに・・・

辞表を出すガングク、クリーブランドクリニックから電話でガングクに来て欲しいと要請が・・・

胸が痛いという患者にウンソンがCTを撮ろうとするが帰られてしまう、しかし、すぐに急患で入ってくる。

なんとか助けよーとするが、意識が戻らない患者、無理にでもCTを撮れば良かったと後悔するウンソン。


米国に行くというガングクに、お前が行ったらウンソンを貰ってもいいかと聞く放射線教授。



20
ウンソンが帰してしまった患者のCTを撮る、それを見る放射線教授は半身不随は避けられないと、
驚愕するウンソン、俺が見過ごしたからだと自責の念に・・・

ガングクも心配してウンソンのもとに、そして、名医と言われる人でも50%の誤診があると・・・

さらに、ガングクの辞表を受理したと怒る胸部外科員、ウンソン、ヘソクも混じりレジデント達は集団で辞表を。

オフにして病院を抜け出すレジデント達、
患者の一人が妄想で暴れ出しウンソンが利き腕に怪我を。

合同会議でガングクは次の外科科長をミン教授ではなくイ・スンジュを推薦する、怒るミン教授、

手術でまたミスを犯すミン教授、イ・スンジュが助けに入り、何とか成功する。

院長は科長として推薦したイ・スンジュを地方病院に左遷、
さらに、レジデント達もクビにすると発表する。

ガングクはすぐさま病院長の部屋へ、院長更迭を撤回するかわりレジデントの辞表を受け取る。



21
直ぐに招集される教授会、

教授会で早く人事を決定して欲しいと院長にいうガングク、
止めるのは個人的な問題で、米国からの誘いもあるし、米国にいる家族と暮らす為でもあると言う。

最後の手術を和気藹々とこなしたガングク、
まだ右手の動きが鈍いウンソン、
胸部外科で送別会が行われ歌うガングク、

ガングクの荷物を運ぶウンソンに、有り難う、おまえは左手がある、右手が駄目なら左手を使えばいい、
どん底からはい上がることも出来るし、なにが怖いんだ、
お前の左手があればこの大学病院で生き残ることが出来る、
お前がいたお陰で楽しかった、と言うガングク。

教授のお陰で良い勉強ができたとつぶやくウンソン、

心臓病で倒れる院長、
院長の手術が出来なくてドアに指を挟むミン教授。
怒鳴ってばかり居る無能な駄目医師、最後まで良いところのない医師だったね。

手術をすることになったキム・テジュン助教授、
手術は終わったが出血が続く院長。
やはり失敗ね、



22
院長を助けるには心臓移植しかない、
教授たちは困ってガングク教授を探しまくるが、もうこの時ガングクは飛行機の中に、

連絡が取れず焦る関係者一同、
ガングク教授を探しに空港に向かうウンソン ヘソク、
なんとか連絡が取れ、二人で必死で頼み込むが、俺は行けないと言う。

空港に迎えに来た奥さんに、どうしても俺がしなければいけない
手術があるのでこのまま引き返す、直ぐ帰るから・・ゴメン・・と。

ウンソン ヘソクが取りに行った心臓がカンウイ病院に到着、
提供先の病院では相手の教授の都合で遅れそー、
けんか腰で心臓を摘出する、最終便に間に合うか・・・

ガングク教授が手術室に現れる、
無事、手術を終えたガングク教授に、有り難うございますと言うヘソク、
教授は後輩に手術を教えなかったのは間違いだったという。
今頃気づく教授ってか。

右手の感覚がなく、自分の指に針を刺すウンソン、
ごめん、わたしの為にと謝るヘソク、
いや大丈夫だ、この手は必ず治ると言うウンソン、

キム教授の助手で手術に参加したウンソンだが、右手が使えずに出て行けと怒鳴られるウンソン。




23 最終回

ガングクの妻が突然帰国、ガングクに許しを乞う。

院長は移植した心臓が拒否反応を起こしているよーだと、
しかも、肺炎にもかかってしまっているとガングク、

キム教授の愛人チョ・ミナ医師の静脈を切ってしまう、
それを知ったガングクは再度キム教授とウンソンを送り出す、
ショックで手術の出来ないキム教授。

ウンソンはキム教授の指示に従い手術を始める、その時突然右手の感覚が戻ってくる。
的確にキム教授の指示通りに手術を進めるウンソン、手術を成功させる。

感謝するキム・テジュンはウンソンに初めて有り難うといい、
今日お前が見せた正確な判断力、手術力、は全て完璧だったと褒めるキムテジュン教授。
帰ってきて辞表を出すキム・テジュン教授。

院長は、心臓外科を生かす考えはなかった、センターの為だけのスター医師だけが必要だったんだ、と言う。
ガングクはもし自分が院長だったら同じことをしただろうと言う。

心臓センター長官に任命されるガングク教授。
状態が急変し心停止する院長を、1時間を超えてもマッサージするヘソク。

1年後・・・・・
キム・テジュンに会いに行くガングク、
もう病院に戻ったらどうだ、俺たちは神様じゃない誰でも失敗はするよ、と・・・
病院に帰るキム・テジュン。

胸部外科に新しい研修医が・・・
白衣を渡すウンソン ヘソクってか。

―――――――――――――――――――――――――――

暇なおじさん
外科医ポン・ダルヒの後の作品なのでだいぶ似通ったところもあるね、
ただこちらの方がお軽い、

病院の経営者と医師たちの争いがテーマか。
病院の汚さが目立つよーな感じしかしない。
外科医ポン・ダルヒの方が数段上だね。


もどる

inserted by FC2 system