強敵たち


配役
ヨンジン=チェリム=大統領の護衛官
ユ・グァンヒル=イ・ジョンヒョク=ヨンジンの同期、クセのある顔、
カン・スホ=イ・ジヌク=大統領の息子



1話
新人SP部員研修会の紹介から、とくに優秀な成績を収めた二人に焦点が当たる、
一人は全ての成績が抜群で期待されているグァンヒル、
しかし、自分中心で傲慢、協調性もなく、仲間からは毛嫌いされている男、
なんか背中にかなりな傷跡があるんだね、

もう一人は成績はトップクラスだが得意不得意がはっきりしている努力家の女性で、
ちょっとおバカな一面もチラホラするが、男の職場の紅一点的存在のヨンジン、

怪しげなリング場で賭けボクシングが行われ、3人の男が全財産を賭けている、
実はこの3人はヨンジンの祖父、父親、弟なのね、
そしてリングで戦っていたのは大統領の息子でスホっつう男、
この息子はどうも大変な問題児らしいんだね、
官邸からSPをまき抜け出しここにきてボクシングをしている、
さんざん殴られてダウンするスホ、別にボクサーじゃないみたい、
話題ずくりのためかぁー

警察が乗り込み、賭博客全員が逮捕される、当然ヨンジンファミリーもね、
警察に家族を引き取りに行くヨンジン、結構いい加減な生活をしている家族なんだね、



2話
最後のシュミレーションにヨンジンはトランシーバーと拳銃を持ち違えるドジをおかす、
トランシーバーで撃とうとするんだぜ、
それをグァンヒルに見られてしまう、ってか、

ことある毎にぶつかる二人だが、なんとか無事研修も合格し卒業、
念願の大統領を護衛するSP部に配属される、

・・が、なんとこの犬猿の仲のヨンジンとグァンヒルがコンビを組むことに、
そして、大統領の息子のスホの護衛の任につく、

家族の元に帰るヨンジン、男所帯で部屋はグチャグチャ、
なにかとヨンジンに寄生するファミリーたち、

入院中のスホはまた逃げ出す、街でヨンジンにぶつかり説教されるスホ、
その時、ヨンジンは身分証明を落とし、スホが拾う、

病院の息子を見舞う大統領、ヨンジンも病院に出勤し、初めてスホを知る、
大統領と話し合うグァンヒル、なんだか昔親しかったよーだね、
あれからもう8年も経ったかと大統領、なんかありそー、

SPチームの上司はなんか偏見を持っている男、結構うざい、
課長は二人の味方ね、



3話
スホの護衛の初日、またもや逃げ出すスホ、追う二人、
ようやく官邸に帰るスホ、

スホ姉が大統領にグァンヒルを近づけないでとか頼んでる、わけあり・・・?

ヨンジンファミリーは借金を返せなくて金貸しに痛めつけられてる、

さんざん嫌がらせをするスホに振り舞わされるヨンジン、
でも、警護すると誓ったヨンジンは一生懸命努力する、

スホはクラブに飲みに行き、スホのために潰された賭博場の悪達に狙われる、
これを二人で護衛する、怪我を負うヨンジン、・・って、いつも怪我してるね、
スホは発作を起こし、倒れる、以前事故にでも遭ったのかな、



4話
借金をヨンジンに返させようと企むヨンジンファミリー、
政府の広報室に勤務する女広報室長が登場、どうやらスホの許嫁らしい、
なかなか五月蠅そうな女、

裁判所の命令で社会奉仕の仕事を1週間させられるスホ、
老人の家の壁紙を張り替える仕事なんだね、手伝う二人、
さぼってばかりのスホ、

グァンヒルのヨンジンに対する態度をみて、
スホは恋人のウニョンをとられた仕返しにヨンジンを奪ってやると言う、
そしてウニョンはどうしていると聞く、
8年前に死んだと答えるグァンヒル・・・

ある日の帰り道、家を見られるのがいやで先に帰るが家で事件が、
金貸しが取り立てにきて、ヨンジンファミリーが怪我を、

グァンヒルがそれを聞き付け助けに行き金貸しグループに暴力を、・・・
通報で駆けつけた警官に逮捕されてしまうグァンヒル、



5話
貰い下げに来てくれる課長、
ヨンジンはだらしないヨンジンファミリーを見られてガッカリし
怒りまくりグァンヒルにまで八つ当たりする、

スホはヨンジン父のダンスホールを珍しそうに見る、
スホは後遺症で熱を出し、社会奉仕活動を休む、
薬を持ってきた姉にウニョンは8年前に死んだそうだと言う、
話をぼかす姉・・・

課長がスタッフを食事に誘い、ヨンジンだけ居残る、
グァンヒルは大統領の家族の食事会に呼ばれていて食事会は欠席する、
大統領家ではどうも招かざる客みたいだよ、

スホはグァンヒルになぜウニョンを死なせたんだと聞く、
そして守れないならなぜ俺から奪ったんだと、
怪訝な顔をするグァンヒル・・・
そこにまた姉がきて話を遮る、

一人で留守番のヨンジンの部屋に癒し同僚が女の子を連れてくる、
そしてその子はコンニムだと言い、パパはグァンヒルだと、
驚き言葉も出ないヨンジンと癒し同僚、
二人はお互いに秘密を口外しないよう約束する、



6話
しかし、癒し同僚が簡単にしゃべってしまい大事件になってしまう、
偏屈上司がここぞと問題にし諮問会にかけるが、
課長と部長で穏便に済ませてしまい、収まらない上司ってか、

グァンヒルはヨンジンが話したと思い込みシカトする、

収まらない上司は今度は人事審議会に再調査依頼を出す、うざいねこの男、
そしてヨンジンに証言をしろと強要する、

癒し同僚が謝りに来てチクッた事実を知るグァンヒル、
ヨンジンに謝ろうとするが、人事審議会に召還される、

ヨンジンは事実を証言しグァンヒルは首にならずに済む、
これを恨みに思う偏屈上司ナム、



7話
スホはまた無断外出し、ヨンジンのところへそばを食べに、
ヨンジンは写真を撮ろうとそばにきた学生を痛めつけ、学生に殴られちゃらにする、
二人で外出したことでもめるグァンヒルとスホ、

グァンヒルは子供の日に警護で官邸に出ることになり、
コンニムの世話が出来ない、一人で留守番をするコンニム、
飽きて外出すると怪しい男に声を掛けられ走って逃げるコンニム、
どうもこの男はスホ姉が雇った探偵みたいだね、

スホは婚約者のユミンにあなたは27にもなるのに無職で何の知識もない、
大統領の息子という以外なんのメリットもない男だわ、とかいわれ凹む、
しかし、頭に怪我をしていて記憶喪失になっているんだね、

警察に保護されたコンニムを引き取りに行くヨンジン、
スホはヨンジンの家にきて父の広告を見て社交ダンスが習いたいと言う、
ヨンジンは子供の頃から「三流ダンサーの子」とかいわれからかわれていて、
とても嫌がる、



8話
ところでスホはヨンジンの身分証明の入ったカード入れって、
まだ返してないんだけど、ヨンジンは必要ないんかね、

執ようにダンス講習を嫌がるヨンジンはスホの警護を降りるという、
こんな時大統領に呼ばれ息子が何かを習いたいというのは喜ばしいことだと言う、
迷惑でなければ父上に宜しくと伝えて欲しいと、

結局三流ダンサーの父の元にくるスホ、有頂天のヨンジンファミリー、
近所の住民が集まり大騒ぎに、不平分子から卵を投げられるSPたち、

ヨンジンは父親にレッスンを止めて欲しいと言う、
三流ダンサーのクセにと言われるのが恥ずかしいと言う、
淋しそうな顔をする父親・・・

グァンヒルは残っていて、ヨンジンに誰に対して恥ずかしいんだと聞く、
そして父親がどんな人であろうとお前自身の価値とは関係ない、
お前も父親をもっと理解してやれ・・・と、

スホは婚約者ユミンの父親の会社の創立祝賀会に出席することになり、
SPは警護につく、それぞれ係員姿に変装してね、
ヨンジンはホステス風に色っぽく変身、それを見て驚くスホ、
変にスホに近づく怪しいパパラッチを追って庭に出たヨンジンはスホに会い、
キスされる、それを見るグァンヒル、
これは拙いだろー、キスなんかさせては・・・
ヨンジンはグァンヒルとスホのどちらが好きなんかね、



9話
キスした現場を撮影する怪しいパパラッチ、
グァンヒルは撮影に気づきメモリカードを取り上げる、
バレたらヨンジンがクビになちゃうからね、

思い出でで・・教会でもの凄く下手なヴァイオリンを引くウニョンに会うグァンヒルとスホ、

一人での留守番に飽き、ヨンジンファミリーのダンス場に遊びに行くコンニム、
スホはまた逃げ出し探しまくるSP、今度はヨンジンファミリーの家に居る、

迎えにきたグァンヒルは子供にパパはヨンジンが好きなんでしょと言われてるよ、
しかし、ヨンジンとスホのキスを見たグァンヒルはヨンジンに冷淡になる、

思い出で・・・「信用していたのになぜアニキはウニョンを俺から奪うんだ」・・・と、
叫ぶスホ、この回想シーンがやたら出てくるね。



10話
スホ姉は高圧的にグァンヒルにここから去れと、かなり自己中の女みたい、
なんかこの姉の性格が描きキレテないので行動が理解出来ない、

夜間にヨンジンに会いにくるスホ、

ある日、ヨンジンファミリーの家に遊びにきたコンニムと会ったスホは
背中に背負ったヴァイオリンに何か記憶に触れるものを感じる、
確かに見覚えがあると・・・

ネチネチと意地悪をするチーム先輩、その内ぶつかるね、

思い出で・・・ウニョンをめぐって殴り合うグァンヒルとスホ、

スホは又発作を起こし、ヨンジンは送ってゆき帰れなくなる、
心配するヨンジンファミリー、でもさー30近い女だよねーー、
外泊には厳しいお国柄なんだね、

またコンニムに会い、ヴァイオリンに彫られた文字を見て驚くスホ・・・



11話
スホはコンニムがグァンヒルの娘だと知る、怪しいパパラッチはコンニムを撮る、
思い出で・・・お腹の大きなウニョンの前で争う二人、倒れるスホ、
建物から落ちるグァンヒル、これが背中の傷なのかね、
でも、事故はその前だね、スホはこの時発作を起こしてたもんね、

怪しいパパラッチはウニョンの親友みたい、

ヨンジンの寝室にまで現れるスホ、ここらはウザい男だね、
子供の件はスホの姉がいろいろ画策したみたいだ、世間体だけ気にしてね、
だから父親も母親も子供がいるなんて知らないよーだ、

パパラッチの親友はグァンヒルと会い、
コンニムがスホの子供だと認め、ウニョンに謝れば手を引くと言う、

子供の事で迷惑を掛けたからと辞職願いを出すグァンヒル、

ヨンジンはコンニムと食事に行きパパラッチの親友を追い払うが、
癒し同僚が自動車事故に遭ってしまう、

スホ姉はまた懲りずにグァンヒルに圧力をかける、この姉って変だね、
そこにスホも現れ、俺に相談もせず勝手なことをするな、と怒る、



12話
コンニムはレストランに置いてきぼり、ってこれはないよなぁー
ところで、ヨンジンの身分証明入れは返して貰ったっけ?
SPっつうのは身分証明なくても勤務出来るのね、

スホ姉は子供の事はまだ両親には隠しておけと言う、
この姉ちゃんはほんとに自分の都合だけで生きてるね、

グァンヒルの家を訪れた大統領の妻は、グァンヒルの子供コンニムが、
スホの子供だと知り、間違いは正さなくてはいけないと、・・・

グァンヒルはコンニムは私の子供です、今後もなにも変わりませんと言う、

ダンス教室でスホと踊るコンニムを見て複雑な表情をするグァンヒル、

小言の多い上司に酒に誘われるヨンジンは、その席で上司から
「グァンヒルの子供はスホの隠し子だそうだな」と言われ、
急いで「被警護人の話はしてはいけない規則です」と注意するヨンジン、

次の日の新聞に「大統領の息子に隠し子?」とスクープされてしまう、
大問題のSP班。この偏屈上司ナムはお粗末、



13話
上司は自分の不注意でスクープされ、クビになるのがいやでヨンジンのせいにする、
って、なりふり構わない展開する、こんな筋じゃ俳優も苦労するね、
取ってつけた悪役ってか・・・

ダレがリークしたか探し出すというスホ、
記事を書いた記者に会うが、情報提供者は教えられないと言われる、

結局、辞表を提出するしか策のないヨンジン、
グァンヒルとスホは送別会を開いてくれる、続々と集まる同僚達・・・
すぐにヨンジンの異変に気づくヨンジンファミリー、

正直にありのままを話すスホに好感をもった記者は情報者を教えてくれる、
しかも、録音テープまで渡してくれて・・・
諮問委員会に呼ばれるナム上司。



14話
SP部長の前で暴かれるナム上司の嘘、替わりに免職になるナム上司
捨てぜりふを吐いて去って行く、何か事件起こすかもね、

復職の知らせを持ってヨンジンを訪れるグァンヒル、
ヨンジン グァンヒル スホ コンニムは海に遊びに行き、お互いの親睦を図る、
心配してナムに会いに来るSP課長、そして職を紹介するが・・・荒れまくるナム、
大統領はコンニムをグァンヒルに預けたことで詫びをいい、
コンニムを引き取るのが筋だと言う、
大統領邸に食事に呼ばれるグァンヒルとスホ、おせっかい姉はユミンも呼んでしまう、

グァンヒルはコンニムを手元に置くか手放すかで悩み苦しむ、
またお節介焼きのスホ姉がグァンヒルの家に押しかけ迷惑行為を、
この姉は何がしたいんだろね、意味ありげに登場するけど・・・解らん・・・

グァンヒルはコンニムにパパは本当のお前のパパでは無いと・・・・
普通、、こんな話を子供に告げる親っているかい、
正しい事かも知れないが、何も解らない8歳の子供にこれだけはっきり言う??
子供の気持ちを全く考えない大人の世界の話だよね、
このやり取りでまゆげパパがいっぺんで嫌いになったよ、



15話
何かすっきりしない後半の展開、段々気分が悪くなってきたよ、
子供を無視した大人達の勝手な話、
無理矢理の記憶喪失、
身分証明の要らないSP、
執ようにグァンヒルを拒む姉の態度、
何も語らない背中の傷、
死因の解らないウニョン、
なぜ大統領家で世話になっていたかはっきりしないグァンヒル、
8歳の子供に引導を渡す冷たい父親、

スホは熱心にダンスを練習する、
突然、見合いをするヨンジン、グァンヒルもスホも選べないしね、
見合いを反対され、それじゃと移動申請を出すヨンジン、

急にダンスの大会に出場したいと言い出すスホ、
怪しい人物が尾行しているのに気づくヨンジン、



16話 おしまい
ヨンジンは怪しい男を追いつめ格闘するが逃げられてしまう、
SP班は犯人を割り出す、クビになったナム上司が浮かび上がる、
まっ、これっきゃいないやね、

秘密裏に罠を張るSP陣、拳銃を前もって隠し準備をするナム、
大会当日、警護の隙をつき忍び入るナム、発見され包囲されるが、
ヨンジンともみ合い撃たれてしまうヨンジン、
SPに包囲されても簡単に逃げ出す犯人、
揉み合うヨンジンを助けもしないSP、ってお粗末・・・・

病院に運ばれるヨンジン、逃げるナムは車に跳ねられる、
一年経ち勤務に復帰するヨンジン・・・ってか。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「暇なおじさん」
後半はかんぜんな手抜き、なんか釈然としない終末、
前半が面白かったので勿体ない作品だね、
殆どの人物の描き方が中途半端なんでストレスが溜まるよ、

下手なダンス教師の父、三流とは言いながらお粗末過ぎ、
下手なヴァィオリン弾きの恋人、ほんとに下手くそ、
意味の解らないスホ姉、
何の後遺症か解らないスホの頭痛、
意味の希薄な背中の傷、
大統領に世話になるグァンヒルの生い立ちの曖昧さ、
はじめは面白かったのになぁーー

もどる

inserted by FC2 system