フルハウス





配役
   ジウン=ソン・ヘギョ(作家)
  ヨンジェ=ピ(大スター)
  ヘウォン=ハン・ウンジョン(ヨンジェの恋人)
 ミンヒョク=キム・ソンス(出版社社長)

******************************

1話
親友に騙されて、旅行に行き、その留守中、
土地、家、さらに預金まで騙し取られるドジな女ジウン。
こんなのが何で親友なんだよ。
相変わらず出だしから気分悪い展開だなーー。

機内で偶然に人気スターのヨンジェの隣席になる、
初めての飛行機で機内食を食べ過ぎたジウンは、
ヨンジェの肩に吐いてしまう。
よく隣の席に向かって吐けるなぁーー

その上、インチキ旅行でホテルの予約もしてなく、
困っている所、偶然知り合ったミンヒョクに助けてもらう。
・・って、金も持たず旅行なんか行くなよーー
こんな雑な設定で物語り作っちゃうのかい、

ミンヒョクは大スターヨンジェの知り合いでホテルに訪ねてきたんだね。
仕方なく、ジウンは初めて会ったミンヒョクの恋人の振りをして、
ヨンジェから金を借り、やっとのことで帰国する。

家に帰ったが、家財道具まで売り払われ、ガランとした家で
ボーゼんとするジウン。

そんな時、ヨンジェから電話が・・、
ヨンジェはヘウォンに気があり、ヘウォンはミンヒョクが好き、
・・でジウンを利用してヘウォンを、こちらになびかせよーと企むんだね。

しかし、バレてヨンジェ激怒、その上そんな幼稚な方法で、と
バカにされ益々怒る大スターってか。

玄関で途方に暮れるジウンの前にな、な、なんと大スターが。
大スターはお付きもマネージャーもいないんで、
一向に実感が湧かねーね。
いつも一人の大スターってか。



2話
新しい家の持ち主は大スター、
ジウンは騙されて家を盗られたと言うが、
相手にされず追い出され、庭のベンチで寝て風邪を引き、
大スターは捨ててもおけず、家に入れる。

行き所のないジウンを仕方なく、貸した金と相殺に家政婦として雇うことにする。
超きれい好きで、その上、潔癖性。

ヘウォンが留学すると聞き、慌てたヨンジェは、席を設け、
告白しよーとするが、ミンヒョクからの電話で出て行くヘウォン。
結局失敗する、

ある日、ミンヒョクの出版パーティーで、ジウンと仲良くする
二人を見て、ヘウォンがヤキモチをやき、
ミンヒョクに告白するが、お前にはヨンジェがいるじゃん、と言われ
ヨンジェに「私が好き?」とか聞く。
ヨンジェは当てつけにかどーか、
「俺はジウンがすきだ! 」と言いキスをしちゃう。
しかも記者団の前でだぜ。
って、物事を複雑にすんなよーなー



3話
大スターは写真も撮られたし、スキャンダルの処理も面倒なので、
ややヤケでジウンに「契約結婚」を持ちかける、
条件は離婚したら慰謝料としてこの家を譲るというもの。
それなら、とOKするジウン。

パタパタと決まり、結婚前日、急にヨンジェの自宅に呼ばれる、
挨拶する間もなくヨンジェがきて連れ帰る。
帰り道でケンカして置いてきぼりにされたり、式当日逃げたり、
いろいろあったが、一応式をあげるんだね。

新婚旅行はお互い好きでもないわけで、
あーだこーだと散々のジウン、荷物を全部運ばせられたり、
部屋から出されたり、海に突き落とされるし、
食事は差がありすぎるしなぁ。

でも、家に帰ったら一応ジウンのベッドも用意してあったから良しとするかーー。
ヘウォンはジウンとヨンジェが見た目仲良くしてるのが、気に入ないよーだ。




4話
おもちゃを捕られた子供のよーに、ヤキモチを妬くヘウォン、
ま、せいぜい妬いてろ。

またケンカして家を出たジウン、別居がマスコミにバレると困るので、
手作りの弁当を作って仲良く食べる振りをする二人。
なんたって大スターだかんね。

ジウンの誕生日、マジックランドに行くはずが、
小説の件でミンヒョクに呼ばれ、行けなくなる。

ヨンジェはこっそりマジックランドに行くが、見つからず、
むしろ自分が大スターだとバレて返って大騒ぎに。
いつも一人だからスターてこと忘れてたよ。

誕生プレゼントにテープレコーダーをヨンジェからもらう。



5話
ヨンジェの祖母と母が突然来て、ジウンに同居しようと、
挨拶がないと怒ってんだよ。
ジウンとヨンジェは謝りに行き、変な踊りを披露する。

ジウンは疲れて電車の中で寝てしまい、ヨンジェからもらった
テープレコーダーを無くしてしまう。
怒っていたヨンジェはまた買ってやると、出かけるが、
その途中ヘウォンから電話がきてそっちへ。

ミンヒョクに振られて言いたい放題のヘウォン、
それを聞いてやる大スターってか。
結局ジウンとは会わず、待ちぼうけを食わせる。

またまた現れるたかり夫婦、非常識な行動にヨンジェの
味方をしてジウンと仲直り。
ま、これと言った悪役がいないから仕方ねーか。

ジウンと一緒に出かけていたヨンジェは、
ヘウォンが入院したと聞き、一緒に病院へ。



6話
ヨンジェがヘウォンに優しくするのをジウンは面白くないよーす。

ヨンジェに頼まれて、お粥を持って行ったジウンは
ヨンジェ母に会い、実家へ。

そのままこき使われるが、おばあさんが倒れ、
おぶって家に入れるが、重いのであちこちぶつけたり、落としたりで大変。
母親はそれを見てうふふ。ってか。

ヘウォンの店で衣装会わせの最中、指輪を忘れるヨンジェ、
実は拾ってヘウォンが持っているんだよ。
このことでまたケンカ、何回でもしてろ!!

詐欺夫婦は相変わらずの傍若無人振り、
しかし、ヨンジェの事務所で働かされることに。

また、ヘウォンから電話で呼び出されるヨンジェ、
しかし、今度は事務所からだと嘘をつく、

ジウンに少し気を使い始めたのかな?
でもまだヘウォンにベタベタ。
しまんねえ男だね。



7話
ジウンはヨンジェの家族と仲良くなって、
美術館に行ったりして楽しそー、
夜は食事をして、花札なんかして和気藹々、
とうとう泊まることに。

ヨンジェは帰らないジウンを心配しまくり、
我慢していたが、とうとう電話する。
お前にはヘウォンがいるだろー。

ジウンが実家にいると聞き、たまげるが、
電話で昔話を始める。
ヨンジェには妹がいて、幼い頃亡くなったらしい。
父との確執はこの妹が原因のよーだ。

ヨンジェの試写会があり、ジウンとヘウォンが会う。
ヘウォンは「ヨンジェがどちらを選ぶか、賭けをしよう」と。

試写会が終わると、ヨンジェとヘウォンは一緒に出かけてしまう。
しかし、帰ってきたヨンジェに「好きになった」と、
告白するジウン。



8話
しか〜〜し、冗談として片付けられてチョン。
ここに来て、ヨンジェとヘウォンの事がマスコミに噂になり始め、
デートを控えるヨンジェ。
自宅にも取材が来るがうまく誤魔化すジウン。

ミンヒョクと映画を見に来たジウン、それを知りヨンジェは、
祖母が病気だと嘘をつき、帰らせよーとしたりする。

さらに、ミンヒョクからジウンが誘われると、
掃除だ、洗濯だ、草むしりだと仕事をいいつけ、邪魔をする。

・・って、ヨンジェ、完全にヘウォンと同じことしてんじゃね〜か。
やっぱ二人は同じレベルのアホ人間かぁ〜〜
ジウンに対して二人がかりで意地悪してるぜ。

それで逃げ出したジウンはミンヒョクと会う、
そして「僕のことを好きになってくれ」と言うミンヒョク。
いいどーーいいど、これで面白くなるぜ。



9話
ヨンジェはジウンが帰ってくるまでイライラしてたのに、
寝たふりして知らん顔を気取っている。

ミンヒョクから「好きになってくれ」と言われたと言うと、
ヨンジェは大あわて。

世話になっているから食事に呼ぼうとジウンが言うと、
この際アツアツ振りを見せつけよーと、OKするヨンジェ。

しかし、既にミンヒョクは契約結婚の事を知っており、
冷ややかな態度で見る。
・・ってバレてんの知らないんだよ。

ミンヒョクの所へ原稿を届けると聞き、ヨンジェは、
一緒に食事に行こう、だから早く帰ってこいと誘う。

そこに、マタ、また、又、ヘウォンからの呼び出し電話で、
約束を反古にし、朝帰るヨンジェ。
もー、どうしょうもない男だね。

雨の中、ケンカして家出するが、今回はミンヒョクに電話するんだね。
ミンヒョクからヨンジェに電話で、「ジウンは家にいる」
さらに、「お前からジウンさんを奪う」と言うんだなこれが。
いいぞ、いいぞ!!! やれ〜やれ〜〜っ!



10・11話
雨で風邪を引いたジウンを迎えに行ったヨンジェは、
徹夜で看病する。

ミンヒョクはジウンとヨンジェが契約結婚で有ることを知っているので
自分にもチャンスをくれと言う。

ヨンジェもミンヒョクに契約結婚がバレたのを知り、
危機感を感じたのか、さらに細かい条件を入れた契約書を作り直す。
始めは6ヶ月だったのが、3年に延長されるんだよ。

これがヘウォンにもバレて、ヨンジェを呼び出し、
早速「あなたが好きだ」と告白するヘウォン。
風雲急だぜ。


ジウンにミンヒョクを好きになっていい?、と聞かれたのに、
ヨンジェは好きなら行っていいよ、だってさ、
なんの為に契約延長したんだよ〜〜〜
3年も人妻でしばって置けるからか〜

ヨンジェの実家でジウンはヘウォンと会う。
ヨンジェの家族と仲良く語り合うヘウォンを見て、ある決意を。

ジウンはシナリオでどうにか食えるよーになり、仕事も安定しそー。
で、これを機にヨンジェとの離婚を決めるんだな。



12話
し、しかし、ヨンジェの映画の評判も悪く、
ここで離婚だなんて駄目だとプロダクションからクレームが。
ジウンはヨンジェのため離婚を思い留まる。
・・って、くっついたり離れたり、忙しいこっちゃ。
こんな話なら10話で充分だね。

プロダクションの社長からヘウォンに、「彼を駄目にしたく
なかったら、もう会わないで」と言われる。

ミンヒョクはヨンジェに「ジウンが傷つく前に、
自由にしてやってくれ」と頼むが、
ヨンジェは「俺が守る」ぐらいな事を言う。
ほんとうに守れんのかよー

バラの花を沢山送ってムードが上がった所にヘウォンが、
ラブラブ現場を見て泣いて去って行く、ってか。
すると、れ、れ、れっ、「やっぱりヘウォンを守るよ」だと。
ずぅ〜〜〜〜〜〜〜とやってればーー。
なんか視聴者バカにしてないかい。




13・14・15話
お互いに好きなのに、わざと傷つけ合っている二人。
ちゃんと話し合えばどうにでも成ることじゃん。

4人で食事、ここでも意地の張り合い、
ここまでくるともう、かったるいね。

ミンヒョクにベニスの映画祭に誘われたジウンは行くことに。
行くなと言えないヨンジェ。
流石のヘウォンもあなたを諦める、と。

空港に追うが会えず、家に帰るが、
そこにはジウンとミンヒョクが居て、
ベニスはどーしたんだよー。



やはりマスコミでは噂になっていて、
ジウンが借金で困り、ヨンジェを騙して結婚した、
と言うことになっている。

ヨンジェ家は怒り、父親は怒鳴り込んできて、
「ヨンジェと離婚してくれ」と。
でもよー、親だったらもーすこし調べてからにしろよ。

・・で、ヨンジェはジウンとの離婚を発表する。
契約結婚だったけど、世間はそー見てないかんね。



ジウンのシナリオがいよいよ映画化の運びに、
いま、スランプのヨンジェを主役に抜擢。
実はヨンジェは山寺に籠もって、修行僧をしている。

ヨンジェは父親とも仲直りをする、
結婚するのか、と聞かれ、すると答える。

ミンヒョクには「離婚したばかりでまだ考えられない」
とやんわりプロポーズを断るジウン。



16話 おわり
なんの障害もなくなったのに、又ケンカしてヨンジェの
プロポーズを断るジウン、
ずっーーと同じ事やってろ!!

ヨンジェは不調で仕事がなく、フルハウスで家政婦を・・・

ヨンジェはジウンのシナリオによる映画に主演して、
ヒットし、大スターとしてカンバック。
だってさ。
今度はお付きとマネージャーぐらいつけてくれるかな?
あーーかったるかった。



「暇なおじさん」
たいした事件も盛り上がりもなく、
ただただ、くっついたり離れたりするだけの物語で、
よく16話も続けたなと感心する作品。
・・っつうか100話でも200話でも続けられるね。



もどる

inserted by FC2 system