復 活


配役
ハウン/(双子兄)シンヒョク(双子弟)=オム・テウン
             ソ・ウナ(義妹)=ハン・ジミン
        ジヌ(J&C会長の息子)=ジュウォン
          ガンジュ(議員の娘)=ソ・イヒョン
           イ・テジュン(議員)=キム・ガブス
                ソ・ジェス=カン・シニル
   カン・インチョル(建設会社会長)=イ・ジョンギル



1話
雨の中、事故にあったらしい子供をウナの義父の元に預ける男がいた、
やがてウナと兄妹として育つハウン、そして今は刑事をやっているんだね、

ウナは血のつながらない兄ハウンを好きみたいだ、
ガンジュは新聞記者でシンヒョク(弟)の許嫁で、イ議員の娘、
ムルン建設の副社長シンヒョクの母は死んだ刑事ハウンの父の元妻だった、

もう一人、のっぺりした表情のない顔のジヌ、これはイ議員と親しい建築会社のJ&C会長の息子、
J&C建設の副社長、

そして事件、ホテルの社長が自殺する、が、ハウンは他殺だとみている、
新しく配属された班長はハウンの父と知り合いみたいだ、

現場検証にきたハウンを見てたまげるホテルの副社長、
この男はシンヒョクを知っているんだね、そんでなきゃこんなに驚かない、
すぐに建築会社の会長に電話、会長はイ議員に連絡する、
ここら辺がつるんでいるんだね、


2話
ホテルの社長を殺したのはチェ副社長、命じたのはジヌ父とイ議員、
つまり、ハウン父を事故に見せかけて殺したのはこの二人なんだね、

そして車に乗っていた兄ハウンも死んだと思っている弟シンヒョク、

イ議員は署長に手を回し、ホテルの社長の件は自殺で片を付けるよーにと、

納得しないハウン刑事、疑問点を洗い始める、
ホテルの社長はなぜかハウンのいる警察署に電話をしているんだね、

ホテルの社長が死んでからチェ副社長が社長になる、
チェ社長のアリバイも正確すぎるし、トイレに流された招待状の切れ端、ミカンで書かれた人名、などなど・・・・
班長が赴任する、どうも20年前の事件をまだ追っているようす、


3話
見合いに行き酔って帰るウナ、もう、妹役は止めたいと言う、
妹のウナは、血の繋がらない兄ハウンに恋心を告白する、
育ててくれた義父のため、悩むハウン、

シンヒョクに婚約解消の記事を出せと言う記者ガンジュ、

子どもの頃に戻り、仕方なく預かったハウンを養護施設に出す義父、戻って来てしまうハウン、

チェ社長を偵察に行くハウン、アリバイを崩して見せるという、

班長は服役している犯人と会い、事故死させた刑事の息子は生きていると言う、
驚く班長、そしてその子がハウンだと知る、
ハウンは子供の頃の記憶が無いんですよねと班長に言う、


4話
何かを掴んだ班長に呼び出されるハウンは、会いに行くが、
会う直前、何者かに刺されてしまい、意識を失う、

イ議員、J&C建設会長、チェ社長は密談する、
ハウンの母は夫のユ刑事が死んだ後シンヒョクを連れて
ムルン建設の会長カン・インチョルと再婚する、
なんか噂だと生前からユ刑事の妻を狙っていたよーだ、

シンヒョク母は班長を見舞う、
署長との対立で警察を辞めるハウン、とたんに麻薬隠匿ではめられる、

班長の妻から捜査日誌を受け取るハウン、
その中の写真で自分に弟がいることを知る、
刑事物のわりにはウナがうじうじくっついてうざい、

チェ・ドンチャン社長に弱みを握られ脅される親友の同僚刑事スチョル、


5話
ホテルで自分にそっくりな男を見るハウン、すぐに弟のシンヒョクだと気づく、
裏切る親友の同僚刑事スチョル、汚職をチェ・ドンチャンに知られて脅されているんだね、

ハウンはホテルでシンヒョクに会う、抱き合う二人・・・
秘密の場所で会おうと約束して別れる、

班長を刺したのもハウンだと言うことになっている、
20年振りに郊外の別荘で会う兄弟、

同僚スチョルの裏切りでチェ・ドンチャン社長の手下にハウンと間違われ
殺されてしまう弟シンヒョク、何とも簡単に殺されてしまうね、
怒り悲しむハウンは復讐を誓う、


6話
同僚スチョルは母にハウンから誕生祝いが届いたことを知り、別荘に引き返す、
・・がハウンが殺されていた、実はシンヒョクね、
スチョルはどうしてハウンの居場所を知っていたのかと聞かれる、

ハウンはシンヒョクになり、ホテルに帰る、
後輩の刑事が現れ、ハウンが亡くなったと知らせる、
ジヌは父と、イ議員、チェ・ドンチャン社長が、同じ料理やから出てくるのをみる、なにかあると感じてる、

シンヒョクに成りきるハウン、その為にシンヒョクのパソコンで情報を得る、
こんなことでシンヒョクになり切れるのかね、設定があまい、

神父になって服役中の犯人と会うハウン、事故を話出す犯人、


7話
シンヒョクの自宅に戻るハウン、自分の部屋が解らず妹のドアを開けてしまう、
こんなんで身代わりが勤まるのかね、
韓国ドラマってこういうところを手を抜くのね、
およそ想像出来ない展開、

会社に出るハウン、組合員が協議の席を設けろと、抗議する、

チェ・ドンチャン社長に脅されている同僚スチョル、
J&C建設の副社長のジヌがくる、競合する企画の調査にね、
シンヒョクのあまりの変わりように驚く、
会社規模としてはJ&C建設のほうが武陵建設より数倍大きいんだね、

シンヒョクの日記を読むハウン、そして、ジヌに常に押されていること、
実は記者ガンジュを好きだったことが解ってくる、
同僚スチョルはハウンが双子で、弟がいたことに気づく、


8話
J&C会長の誕生会に出る、そしてイ議員の娘ガンジュとの婚約を破棄する、
入院中の班長の費用を内緒で支払うハウン、
探偵を雇い署長を調べる、あちこちからワイロを受け取っている署長、
J&Cの会長とも会い、事実を探る、気にする息子ジヌ、

ハウン養父は新聞記者のガンジュにハウンの話を始める、
犯人捜しに協力して貰おうとしてね、

ジヌはウナに好意を持ち、デートに誘うが断られる、実はもう3回も断られているんだよね、

武陵建設での新人による企画案のプレゼンティションが行われ
ハウンとウナが顔を合わせることになる、
実はウナは武陵建設に就職したんだよね、
さて、どうなる、どうなる、バレないで済むかな、


9話
副社長挨拶で大勢の社員の中、ただ一人立ち上がるウナ、
そして、ずかずか役員室に入り込むウナ・・・
ハウンよ、復讐を考えてる男がウジウジなよなよすんなよ・・・

署長がワイロを受け取っていると、調査員の報告がある、
何かと同僚スチョルに近づく記者ガンジュ、
ガンジュはハウンが双子の兄弟の兄だったと知る、

プレゼンの会議に出席するが、ウナを気にしすぎ、
調査員はシンヒョクをハウン刑事だと見破る、


10話
イ議員と会うハウン、議員は娘ガンジュのことをもう一度考えてくれと、
チェ・ドンチャン社長を呼び出す署長、送られてきた写真を見せる、
自分の敵は自分で処理しては、と、

調査員は署長のポッケに盗聴器を忍ばせる、

J&Cの会長の元を去って行くジヌの母親、こちらも片親なんだね、

ハウンはウナと夕食に、段々とバレて行きそうな気配、
ジヌはウナに会いにくる、そしてまた振られる、

ハウンは同僚スチョルと会う、兄を救えなかった理由を聞く、
こんな時、ハウンを殺害したと、暴力団の幹部が手配される、

警察の幹部に送られてくる署長の密談テープ、逮捕される警察署長、


11話
会社内でウナの席に座るハウン、ウナに見つかってしまう、兄の写真を見たかったと嘘をつく、

養父がハウンに会いに来る、失礼な家族だね、会うのが当然と思っている親子だ、
新入社員の父親に会社の副社長を会わせようする社員っている?

でも、ハウンのほうから養父の露天に出向く、
酔った養父と帰宅したウナを自宅まで送るハウン、

詐欺師を何かに利用しようと釈放させ、スーツを送る調査員、
ガンジュはチェ・ドンチャン社長に会いに行く、
ドンチャン社長は直ぐにイ議員に知らせる、


12話
事故死したハウンの父の名を聞いてくるガンジュ、何か掴んだのかね、

シンヒョクを訪ねるスチョル、弱みのあるスチョルはシンヒョクから鋭い質問を受け、答えられない、
裏切っているからね、

保釈された詐欺師はハウンと会い、仕事を与えられる、
意味ありげに笑う調査員、一枚咬んでるんだね、

武陵建設会長宅に呼ばれるウナ、ガンジュも呼ばれている、
シンヒョクの部屋でサイコロを見て、不思議がるウナ、

J&C会長にホテルの経営を先送りされ怒るチェ・ドンチャン、

武陵建設とJ&Cの対決となる地域開発プレゼンが開始される、
不安がる武陵建設会長、勝ち気満々のJ&C陣、
デザイン担当のウナが説明を始める、

ハウンはわざと調査員に会い、尾行する同僚スチョルをおびき寄せる。


13話
泣いて謝る同僚スチョル、お前だけは許せないと言うハウン、
何事か企むハウンと調査員と詐欺師、がホテルで落ち合う、
地域開発のプレゼンは両社とも同点で3日後の再評価で決定することに、

J&Cは必死で担当官の抱き込みに走る、
武陵建設も課長を当たるが軽く無視される、

イ議員は娘ガンジュが事件を蒸し返さないよーに局長に会い、配置換えを依頼するが、
・・やんわりと無視される、

そして、地域開発のプレゼンは僅差で武陵建設が勝利する、


14話
打ち上げをやる武陵建設地域開発担当者たち、

天然ガス開発発掘の権利をウチの社で取りたいとイ議員に持ちかけるハウン
わしはそんな力はないよと言うイ議員、

次期の再開発計画が発表される、すぐに動き出すJ&C、
ハウンはよく解らず秘書にとんちんかんな返事をする、いぶかるアン秘書・・・

チェ・ドンチャンに捕まり痛めつけられるスチョルを助けるハウン
詐欺師はイ議員と会うことが出来る、計画どうりだね、
イ議員はいろけまんまんだからね、

J&C会長とイ議員は会食しお互いに抗議しあう、
二人の仲に少しずつ割れ目が入ってきたよーだね、


15話
武陵建設会長に「旅行から帰ってから副社長は変わったと思うんだが」
と相談される秘書、そういえば、と改めて気になるアン秘書、

シンヒョク母もシンヒョクが以前と変わったことに気づき始めている、

ガンジュの誕生日にハウンと食事をすることに、ジヌも現れしかもウナまで誘う、
ガンジュは好意でウナとジヌを親しくしよーと会わせるんだけどハウンは辛いよね、

そこでシンヒョクの知り合いがハウンに言葉をかけてくる、
見たこともない男に動揺するが、なんとか誤魔化す、

そろそろ本格的は攻撃に着手するハウンはイ議員とJ&C会長に「兄が死んで見つかった」と報告する、
顔を見合わせ驚く振りをする二人、


16話
記者ガンジュは調査して行くうち、20年前のガンヒョク父の事故にJ&C会長が絡んでいることに気づく、

ウナを送って屋台にくるハウン、同僚スチョルと会うが初対面のよーな挨拶をする、

以前からチェ・ドンチャン社長を快く思っていないジヌは、
密かに調査し、事件の犯人だったパクと同じやくざ仲間だったと知る、

ガンジュはチェ・ドンチャン社長に会い、パクとの関係を聞き出そうとする、むっとするチェ社長、

仲間割れを狙って詐欺師リーはJ&Cと武陵建設に折半で依頼したいと言う、
そして、イ議員が武陵建設を推薦してくれたとさりげなく言う、


17話
班長を見舞ったシンヒョク母はハウンの写った写真を見てしまう、
そしてハウンがガンヒョクだと気づき警察署へ、

ジヌも段々と核心にふれてゆき、自分の父も事件に関わっているのではと疑問に感じるよーになる、

イ議員は詐欺師リーになぜ武陵建設を推薦したなどというのかと、
リーはJ&Cの会長が言ったと嘘をつく、

ガンジュは事件を知る記者に連絡を取るが、一番よくしっているのは捜査に協力したイ議員だと、・???


18話
重症の班長の意識が戻る、
シンヒョク母は刑事だった夫もハウンも殺されたと知り、愕然。
しかも今の夫の武陵建設の会長に話したと聞き、焦るイ議員とJ&C会長、

ガンジュも父が事件に関与していたことに悩む、
ハウンもガンジュを利用したことを心痛し、手を引けと言うが、ここまできたらもう引き返せないと、

シンヒョク母とウナはシンヒョクがハウンではないかと・・・
詐欺師リーはイ議員に追い出された女性の子供みたい、つまり、イ議員の隠し子だね、

こんなおり、新聞の尋ね人の欄に
「ミン・スヨンを探しています」と言う投書が、
驚き焦るイ議員、J&C、武陵建設会長、


1話9
チェ・ドンチャン社長の仕業ではと勘ぐるイ議員、J&C会長、
意識の戻った班長はシンヒョクがハウンだとすぐに見抜く、

班長を隠そうとするハウンにまた手を貸す調査員って、なんか訳ありみたいだね、

チェ・ドンチャン社長は刑事スチョルに班長を殺させようとしている、
チェに連絡してくるハウン殺しに仕立て上げられたパク・サンチョル、
この男はホテル社長が殺された現場から立ち去るチェ社長の目撃者なんだよね、

班長隠しに成功するハウンたち、



20話
ジヌは20年前の事件に父親がかんでいることを確信する、
ガンジュも父に問いただすがJ&C会長から資金援助を受けたことだけ話す、

一方、チェ・ドンチャン社長はパク・サンチョルのグループに襲われ大怪我をする、

こんな時ホテルの株主総会が開かれチェ・ドンチャン社長が期待していた社長の座は
J&Cの会長の妻に奪われる、

ハウンがシャワーを浴びている最中妹がウナのくれたブレスを見つけ持ち去る、
家に招待されたウナがそれを妹が付けているのを見て驚く、


21話
班長はハウンに「真実を明らかにしろ、裁くのは神のすることだ」と、
ハウンはもう戻れないと言う、

しかし、二人はハウンの父は誰に会おうとしていたのか疑問に思いはじめる、

犯人にされたサンチョルが同僚スチョルに連絡してくる、
武陵建設の副社長が協力してくれるはずだと知らせる、

ウナはシンヒョクはハウンだと問い詰める、

チェ・ドンチャン社長はついに開き直り、J&Cに300億を、
イ議員には党に公認し、早く出馬させろと脅迫しはじめる、

どうもハウン父を呼び出したのは武陵建設の会長みたいだね、
そしてその連絡をしたのがサンチョルかな、

ガンジュは尋ね人の「ミン・スヨン」がイ議員の愛人だったことを局長から聞く、
手を引いた方が良いという局長にどんな状況になっても逃げないと約束し取材を続けることに、

「ミン・スヨン」に会いに行くが会えないガンジュ、
しかし、そこで詐欺師リーを見かける、ガンジュが暴走しないか心配だね、

班長にハウンを助けて欲しいとたのむ調査員、
いま止められるのはあなただけだと、


22話
シンヒョクの父がシンヒョクにカマをかけてハウンだと見破る、
母親もシンヒョクがガンヒョクだと気づく、
ガンジュは「ミン・スヨン」にヒスという息子がいることを知る、
そして、自分の義弟かもしれないと、

ジヌは急に父が300億必要だと聞き、チェ・ドンチャン社長が絡んで
いると感じ会いに行くが、そこでハウン事件にも関与していると・・・

サンチョルからハウンに連絡があり会う、
ハウンの父をサンチョルが呼び出し、それを指示したのは武陵会長だと、


23話

イ議員は詐欺師リーを呼び、酒を呑む、
なぜかリーには心を許すイ議員、

詐欺師リー(ヒス)は自分の母親がミン・スヨンだと知り、母が生きていることも知る、
この時本物のリーが現れ、詐欺にあったと気づく、

ハウンは自分のために悪事に使ったヒスを逃がすため、J&C会長の妻から秘密書類を入手する、

ガンジュはリーがヒスだと気づき、父に話す、

J&C会長に詐欺の話をするが、大金を送金した後で・・・・
倒れてしまうJ&C会長、

武陵会長はサンチョルにチェ・ドンチャン社長を消すよう取引する。


24話 おしまい
ハウンは武陵会長を呼び出し、
「初めまして、ユ・ガンヒョクです」と。

カンはお前の父ゴナが憎くてたまらなかった、ワタシから愛する女性を奪い、済まないの一言だけ、
どうしても許せなかった、と、

ハウンは全て明らかにすると言うが、カンは母と妹を苦しめるぞ、だからお前には出来ないと言う、

ハウン母と妹に海外に行ってくれと頼む、

カン会長の裏切りを知ったチェ・ドンチャン社長は自首する前に、
兄であるカン会長の秘書に全て話し、兄はシンヒョク母にこのことを話してしまう、
イ議員 J&C会長を呼び事件を解き明かすハウン、

海外に逃げるヒスは新聞を見て機から降りてしまう、イ議員と会うヒス、
イ議員は息子ヒスにまで嫌われ、全てを失い自殺してしまう、

全てを知った母は指輪と手紙を起き、家を去る、
誰も居ない自宅で拳銃で自殺する武陵建設会長、
ヒスはハウンが父を殺したとハウンを刺してしまう、刺したナイフの指紋を
丁寧に拭き取るハウン・・・・・・義弟だかんね、

調査員は服役中のヒスに会い母親の住所を渡す、
―――――――――――――――――――――――
「暇なおじさん」
人気の高かった作品だそーだけど、復讐劇にしてはちょっとお粗末、
ハウンが弟に成りすますがあれは無理、
結局3人に復習を果たすんだけど、内容が薄いよね、



もどる

inserted by FC2 system